これからお母さんになる方・子育て中の方への応援メッセージ

子育てはボイトレのチャンス


私は三人の子育てをしましたが、慣れないうちは子供と一緒に泣いていたこともあります。

三人目が生まれた頃やっと育児に慣れ、5歳3歳0歳の子供を連れて図書館へ通い、本を借りました。毎日絵本を読み、車の中や居間で童謡を聴き、一緒に歌いました。レッスンや音楽活動は休んでおりましたが、あの時期の毎日の積み重ねは「発声と話し方」のトレーニングになっていたと、後になって気がつきました。

*********

こどもは生まれる前も、生まれた後もお母さんの声を一番たくさん聴いています。初めての言葉もお母さんの声から覚えることが多いことでしょう。赤ちゃんの真っサラな聴覚に、どんな声と言葉毎日プレゼントされますか?

 

子どもに話しかける時の自然な笑顔が、実は良い声のために重要な発声フォルムです。童謡や子供番組のうたを一緒に歌ったり絵本を読むことも子育ての楽しみです。表情筋をしっかり動かし、明瞭な発音で声を出しましょう。

 

同じ本を何度でもせがまれることがありますが、それこそチャンス。同じ文章を声の高さや調子を変えり、苦手な滑舌を繰り返し練習することができるからです。昨日と今日の声のコンディションの違いを感じることもできます。

 

ご自分の理想の声と話し方を、子供さんを相手に遠慮なく実践できます。これらに時間をかけたらその分、お母さんの声と話し方は鍛えられます。

 

 →その結果

子供さんはお母さんの声と言葉を沢山聞いて育つことができる

●お母さんは人前で声を出す・話すウオーミングアップができている。

ということになります。

子育てママさんへ エールを送ります。